受診されている方の
相談支援

当院では、通院されているご本人やご家族からの日常生活に関する不安、医療費等の経済面に関するお困りごと、就労等についての相談をお受けしています。

「退院したけれど、家での生活は不安。眠れない。どうしよう…」「書類の書き方がわからない…」「将来仕事をしたいと本人が言っているけれど、働けるのかな…」「通院の交通費が高くて困ってる。何か安くなる方法はないのかな…」

ご来院して、すぐの対応は難しい場合もありますので、事前にお電話を外来までいただけると、お待たせすることなくスムーズにお話を伺うことができます。また相談にかかる料金等はございませんのでお気軽にご相談ください。

相談支援のお問い合わせ/外来

096-352-6264

電話受付時間/8:20〜17:00(月〜金曜日)

相談例

通院の費用が高くて困っています。
何か安くなる方法はないのかな…
「自立支援医療」
あります。

公的な医療費の助成制度です。外来の医療費の自己負担金が原則1割に軽減でき、所得により負担上限額も定められています。この制度は、診察費用だけでなく、薬代・訪問看護・デイケアの費用も合算できるため、安心して治療を受けることができます。詳しくは、精神保健福祉士がご説明いたします。

自宅に来て、
困っていることを
一緒に考えてほしい。
「訪問看護」
あります。

病院から専門職(看護師、作業療法士、精神保健福祉士)が直接ご自宅にお伺いし、在宅生活を支えるお手伝いをいたします。例えば、ご家庭でできるリハビリのご提案、生活相談などをお受けしております。また、患者さんの普段の生活を拝見させていただくことにより、診察室の様子だけでは捉えきれない症状の変化が早めに分かり、病状の悪化を未然に防ぐなど、再発予防に大きな効果があります。申込制でございますので、一度ご相談ください。

家族の相談にのってもらいたい。
「ご家族の方への
サポート」

いたします。

患者さんを取り巻く周囲の人がゆったりとした気持ちでいること、笑顔でいられることが患者さんの心の安定につながります。ご不安や疑問等ございましたら、何でもご相談ください。また、家族向け病気の勉強会(ゆうゆうOB会)を定期的に開催し、病気の理解や対応の仕方などの理解を深めていただいております。予約制でございますので、一度ご相談ください。

その他、よくあるご質問をご参照ください。

PAGE TOP