トップ > 復職支援・生活支援 > 復職支援 > 支援プログラム

支援プログラム

週間スケジュール(9:00~15:40)

 
午前 デスクワーク デスクワーク/
認知行動療法
デスクワーク/
生活の振り返り
デスクワーク デスクワーク/
心理教育
午後 卓球 SST(職場適応) ヨガ マインドフルネス プレゼン訓練/
企画
 
全体プログラム
デスクワーク
デスクワークの様子読書・ドリル・パソコン作業など、集中力や持続力を高めていきましょう。回復状況にあわせ、作業療法士が課題設定をお手伝いします。
スポーツ
スポーツの様子体育館でストレッチや卓球などを行います。気持ちよい汗を流しながら、仕事に必要な体力作りをしましょう。
心理教育グループ
心理教育グループの様子うつ病に関する勉強会を行います。病気とのつきあい方、復職時に生じやすいストレスの対処法、再発予防などを学びます。
SST(職場適応)
SSTの様子小グループで他者との関係や自身のコミュニケーションの取り方を考えます。気になること、困っている場面を想定して実践します。
認知行動療法グループ
認知行動療法グループの様子うつ病になりやすい考え方のクセ・行動パターン(完璧主義・人に任せられないなど)を見直す勉強会を行います。
個別プログラム
個別面談
精神保健福祉士が、ご本人と定期的に面談を行います。復職にあたって求められる条件を確認し、どのような方法で仕事に就くことが可能か、一緒に話しあい計画をたてていきましょう。
日常生活支援
安定した日常生活を過ごすことが、復職に向け必要です。そのため、ご本人だけでなく、ご家族や関係機関とも連携をとります。
心理検査
病状の回復を定期的にチェックしていきます。
その他
職場との連携
円滑な職場復帰を図るために、RRCご利用開始時から、職場への連絡・話し合い・職場訪問等の支援を行っています。
主治医との連携
RRCでのリハビリのご様子を、主治医の先生へお伝えし、治療がスムーズに行えるようにします。

スタッフ

医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士・臨床心理士