トップ > 統合失調症の治療

統合失調症の治療

統合失調症は、治療可能な「脳の病気」です。

統合失調症は、脳のはたらきが不調となり、自分の感覚をきちんと感じたり、自分の考えを頭の中でまとめたりすることが難しくなる病気です。およそ100人に1人がかかると言われており、決して特別な病気ではありません。
しかしながら、なかなか病気だということが分からなかったり、「精神科にかかるのは恥ずかしい」と治療を受けないまま放置している方が多かったりすることも事実です。
統合失調症は、きちんと治療を受け、よりよいサポートを受けることで、良好な状態へと回復し、社会生活に復帰できる可能性が高まります。早期に専門的な治療を受けることが必要です。

当院の統合失調症治療の方針

新館の写真

統合失調症の症状コントロールのためには、治療を受け続けていただくことが基本です。そのためには、患者さんご本人が、納得して治療を受けていただくことが必要になってきます。当院では、患者さんと医療者側とが「治療」という共通の目的に対して、互いに協力して取り組めるよう信頼関係つくりを大事にしております。その中で、様々な専門職種が患者さんに必要な治療・リハビリをご提供させていただいております。

 

統合失調症の治療