トップ > 目で見る砒素中毒

出版物のご紹介

目で見る砒素中毒

『目で見る砒素中毒』 Color Atlas of Chronic Arsenic Poisoning

内容紹介
目で見る砒素中毒の画像

1976~2008年までに内外の17ヶ所の砒素汚染地域で撮影された慢性砒素中毒症患者の皮膚所見477枚が、地域別・症状別・症度別に分類され収められている。
学術的専門書ではなく、地下水砒素汚染地域っで活動中の各分野の人々あるいは慢性砒素中毒者自身でも、この本を一瞥すれば診断が可能であるように編纂された画期的な実用書である。本文は英文、邦文訳付き。
アマゾンで購入

著者

堀田宣之、古城八寿子、菊池一郎

英文監修

アラン・ギーター、押川尚子

発行

特定医療法人 桜が丘病院出版部
〒860-0082 熊本市池田3丁目44-1 桜が丘病院
TEL/FAX 096-352-6264 / 096-352-6721

発行日

平成22年5月15日

印刷

株式会社 城野印刷所

定価

5,000円

ページの先頭へ戻る

The introduction of the book

477 photogaraphs showing characteristic skin lesions of chronic arsenic poisoning taken in 17 arsenic-contaminated areas in the world during 1976-2008 are classified according to the areas, symptoms, and severity. This text-book is an on-the-spot handy tool for the diagnosis of chronic arsenic poisoning. The book is written in English with Japanese translation.

Authors

Nobuyuki Hotta, Yasuko Kojo, Ichiro Kikuchi

English supervision

Alan Geater, Shouko Oshikawa

Published by the Publishing Section

Sakuragaoka Hospital

Address

Sakuragaoka Hospital, Ikeda 3-44-1, Kumamoto 860-0082, Japan

Tel/Fax

096-352-6264 / 096-352-6721

The date of issue

May 15, 2010

Printer

Jono Publishing Company

Price

5,000 yenes