トップ > 入院のご案内 > 準備や手続き

準備や手続き

入院される時にご持参いただくもの

入院手続きに必要なもの □健康保険証 □印鑑 □各種医療券など
入院生活に必要なもの □衣類(下着・寝間着・普段着など) □洗面・入浴用具一式 □タオル
□ティッシュ □プラスチック製コップ □スリッパ
□洗濯道具(洗剤・ハンガーなど) □服薬中のお薬 □お小遣い
□必要あれば、オムツ・生理用品
  • ご入院される病棟によって、ご用意いただくものに違いがあります。また、治療上、持ち込みが禁止されている物(危険物やアルコール類)もございます。詳しくは、ご入院される病棟の看護師におたずねください。
  • 貴重品や必要以上の現金は、病院にお持ちこみにならないようご協力お願いします。万一、紛失や盗難等がございましても責任を負いかねますので、ご了承ください。

入院費用について

  • お支払いは、現金とクレジットカード(除 ダイナース)が使えます。
  • 定期の請求書は、毎月月末締めで翌月11日に請求書を発行いたします。
  • お支払いは、11日以降から月末までに(日・祝日も可能)北館1階の受付にてお願いいたします。
    なお、お振込でのお支払いも受け付けておりますが、お振込手数料等は、ご本人負担となります。
  • 退院時は、退院当日に全てご精算となりますので、ご注意ください。
【高額療養制度】
  • 公的な医療費の助成制度です。1ヶ月の医療費が規定の金額(自己負担限度額)を超えますと、超過分が健康保険から還付されます。また、あらかじめ、限度額適用認定証の交付を受けますと、当院からのご請求が自己負担限度額までとなります。
  • 詳しくは、北館1階の受付にておたずねください。
    お手続き方法は、加入されている健康保険によって異なります。
年齢 限度額適用認定証 入院費の目安
70歳未満 利用しない場合 18万円~25万円
利用する場合 一般世帯の方は、11万円前後
(低所得世帯の方は5万5千円弱、高額所得世帯の方は18万円前後)
70歳以上   一般世帯の方は、7万円弱
(低所得世帯の方は5万5千円弱、高額所得世帯の方は11万円前後)
  • 上記の入院費の金額はあくまでも目安です。
    治療内容によって、金額が異なる場合があることをご了承ください。
  • 特別室(個室)利用料金は、別途負担となります。

ページの先頭へ戻る

証明書各種

証明書は北館1階の受付にて承ります。指定の書式等ある場合はご持参ください。

料金 診断書の種類
¥2,160 普通診断書・自立支援医療費意見書・就労可能証明書など
¥3,240 主治医意見書・休職診断書・死亡診断書など
¥5,400 手帳申請用診断書・年金用診断書・生命保険用診断書・成年後見用診断書など

その他

【面会】[平日]午前11時30分から午後4時まで[土日祝]午前9時30分から午後4時まで

  • 1) バス停前の北館1階受付においでいただき、面会申込書にお名前等ご記入ください。
  • 2) 患者さんの症状によっては面会をお断りする場合がありますので、予めご了承ください。
  • 3) 時間外に面会を希望される場合は、事前に病棟にご連絡ください。
  • 4) 面会時間は、30分以内でご協力お願いいたします。

【保険証】入院中、1ヶ月に1回確認のためご提示下さい。
※入院承諾書、入院証書ならびに保険証の記載内容に変更があった場合には、すみやかに医事課までご連絡ください。

患者さん用説明書