トップ > お知らせ : 堀田理事長「久保医療文化賞」受賞のお知らせ

お知らせ

堀田理事長「久保医療文化賞」受賞のお知らせ

医学・医療研究に取り組む医師や研究者を表彰する「第22回久保医療文化賞」に堀田宣之理事長が選ばれ、2月12日に東京で表彰されました。

堀田理事長は、宮崎県土呂久地区で発生した砒素中毒の調査を1975年に開始、以降、国内外の砒素汚染地域を訪ねては診察を続けてきました。診察した患者数は世界一と言われています。

2008年、過去30年間に発表した砒素中毒研究の論文をまとめ、「慢性砒素中毒研究-症候学的アプローチ-」として自費出版、2010年には、専門医が少ない国で患者の早期発見につなげようと、世界各地で撮影した慢性砒素中毒の症例を写真集にまとめた「目で見る砒素中毒」を発行、これら一連の功績が認められたものです。


2月16日、病院スタッフ主催による祝賀会が催され、第14回の同賞受賞者である原田正純先生や、第17回受賞者の藤野糺先生(当院前院長)も出席され、祝辞を頂戴しました。堀田理事長が初代代表を務めた「アジア砒素ネットワーク」からも出席され、盛大ながらも和やかな祝賀会になりました。