トップ > 病院のご案内 > 施設概要 > うつ病急性期病棟

うつ病急性期病棟

精神科急性期治療病棟(うつ病専用病棟)のご案内

うつ病で入院された患者さんに、集中的な入院治療を行うことにより、3カ月以内での退院・社会復帰を目指す短期集中治療病棟です。

精神科急性期治療病棟(うつ病専用病棟)の写真
  • うつ病の入院治療では環境設定も大事な治療要因となります。当病棟は、うつ病の方の専用病棟であり、患者さんご自身が中心となって、うつ病を治していく「教育・訓練の場」をコンセプトとした病棟です。
  • まずはゆっくり休養をとっていただき、薬物治療と並行して、水踏み・患者ミーティング・作業療法・病気の勉強会などの治療プログラムに参加して頂きます。状態に応じて、修正型電気けいれん療法・カウンセリングなども行います。
  • カウンセリングの画像
    患者さんを支えるご家族との関わりを大切にしております。病気の勉強会「さくらスクール」を定期的に開催し、病気の理解や対応の仕方などの理解を深めていただいております。

担当医

医師:堀田(直)・小林・松本・大礒・平田・中原  電気治療担当医師:寺崎・石坂

うつ病の治療