トップ > うつ病の治療 > うつ病の治療方針

うつ病の治療方針

治療の3つの要素

からだ:生物学的治療、こころ:精神的安定、環境:生活上の問題解決。

「からだ」の面、「こころ」の面、「環境」の面に、それぞれ働きかけながら、症状の改善と再発予防をはかっていきます。さまざまな治療法を組み合わせることにより、治療効果が高まります。

 

「からだ」の治療

生物学的治療の実施
うつ病は、脳を休め、バランスを整えていくことが必要です。そのため、適切な薬物療法修正型電気けいれん療法によって、脳内のバランスを整えていくことが必要です。また、入院プログラムは、ご本人の自然治癒力を最大限引き出すことを目的とし、充分な休養(睡眠)・栄養のある食事・適切な心身への刺激が保たれるよう計画されています。

「こころ」の治療

精神的安定をはかる
こころの病気の治療では、不安や悩みを、ひとりで抱えこまないことが大切です。そのため、医療者との対話が治療の中で重視されています。当院では、様々な専門職が患者さんに関わります。一緒に、解決法をみつけていきましょう。また、同じ病気の患者さんが集まり、皆で病気の勉強会に参加するなどして、病気の治し方、再発予防を学んでいきます。

ページの先頭へ戻る

「環境」の治療

生活上の問題解決
うつ病は心身の治療だけでなく、患者さんの生活環境を整え、ストレスを減らしたり、ストレスの対処法を学んでいったりする必要があります。当院では、患者さんご本人の生活力を取り戻すリハビリに力を入れると共に、生活サポートの一環として、退院後の生活相談、復職支援、また、ご家族対象の病気の勉強会など、様々な取り組みに力を入れております。

うつ病の治療方針