トップ > うつ病の治療 > うつ病の治療方針 > 薬物療法

薬物療法

脳内のバランスを整える治療です。

うつ病の方の脳内では、神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリンなど)の働きが低下しています。お薬の力をかりて、神経伝達物質を増やしたりバランスを整えたりすることで、うつ病の症状が、より早く、よりスムーズに回復します。

健康な時とお薬を飲んだ時の脳の働き

お薬の種類

  • 1) 抗うつ薬:うつ状態の改善、精神力や意欲をあげる、焦りや不安感を軽くします
    分類 特徴
    三環系抗うつ薬 強力な抗うつ効果が期待されるが、副作用(のどの渇き、便秘など)も強い。
    四環系抗うつ薬 三環系よりマイルドな抗うつ効果。副作用は少ないが眠気の出る場合も。
    SSRI マイルドな抗うつ効果。強迫症状・衝動行為などにも効果あり。吐き気や下痢などが出る場合も。
    SNRI マイルドな抗うつ効果。意欲面に効果あり。血圧上昇・頻脈などが出る場合もあるため、合併症がある場合に注意が必要。
  • 2) 気分調整薬:気分の浮き沈みを安定させます
  • 3) 抗不安薬:不安な気持ちや緊張をやわらげます
  • 4) 抗精神病薬:気分や意欲をあげます
  • 5) 睡眠薬:寝つきをよくしたり、気持ちのよい眠りを保ちます

※ここにあげた効果や副作用は、ごく一部です。ご自分が飲んでいるお薬の詳細については、主治医や薬剤師にお尋ねください。

ページの先頭へ戻る

お薬を飲むときに覚えておいてほしいこと

薬品室の様子

  • 1) 副作用を極力避けるため、少しずつお薬の量を増やしていきます。また、脳内のバランスが整ってお薬の効果があらわれるまでに、2〜4週間程度の時間が必要です。このため、お薬の効果があらわれるまでの間、不安になるかもしれませんが、効果が出てくるのをゆっくり待ちましょう。
  • 2) お薬は飲みはじめに、副作用(めまいや吐き気など)が出てきやすいものです。患者さんの中には、副作用に驚いて、お薬を飲まなかったり、減らしてしまったりする場合もありますが、すぐに医療スタッフに相談しましょう。副作用は飲み慣れてきたら徐々に平気になる場合がほとんどですし、対処する方法もあります。
  • 3) お薬は、症状がよくなっても、再発予防のためにしばらく飲み続けることが必要になってきます。お薬の依存性や習慣性を心配される方もいらっしゃいますが、医師の指示に従って使用すれば問題ありません。
  • 4) 治療を終えるときには、医師は時間をかけてお薬を減らしていきます。うつ病は、再発の危険性が高い病気ですので、自分の判断で薬を減らしたりやめたりすると非常に危険です。また、急にお薬をやめると、症状(イライラ、手足のピリピリ感など)が出てくる場合もあります。