トップ > うつ病の治療

うつ病の治療

うつ病は治療により回復します。

「うつ病」は、ゆううつ感や無気力な状態が長い間続く大変辛い病気です。ただし、特別な病気ではなく、誰でもかかる可能性のある、ごく一般的な病気でもあります。
厚生労働省によると、日本人の約15人に1人が「うつ病」にかかった経験があると言われており、決して珍しい病気ではありません。しかしながら、「気の持ちようで治るはず」と自分が病気であることに気付かなかったり、「精神科にかかるのは恥ずかしい」と治療を受けないまま放置している方が多かったりすることも事実です。
うつの苦しみが続くと、症状がひどくなり、自殺など取り返しのつかない事態におちいってしまう場合もあります。早期に専門的な治療を受けることが必要です。

当院のうつ病治療の方針

本館の写真

同じ「うつ病」でも、人によって、あらわれる症状や回復のペース、必要な治療プログラムは異なるものです。そのため、患者さんごとのオーダーメイド治療が必要になってきます。
様々なニーズにおこたえするために、当院では、3カ月以内での退院・社会復帰を目指す「短期集中治療型の病棟」、入院期間を特に定めず「じっくりと治療を行う病棟」を、それぞれご用意いたしました。その中で、様々な専門職種が患者さんに必要な治療・リハビリをご提供させていただいております。
また、熊本県下でも先駆けて、うつ病患者さん向け「復職支援プログラム」を外来デイケアにて導入し、高い評価を受けております。

うつ病の治療