トップ > うつ病の治療 > うつ病の治療方針 > 医療者との対話

医療者との対話

精神的安定をはかる治療です。

こころの病気の治療では、不安や悩みを、ひとりで抱えこまないことが大切です。そのため、医療者との対話が治療の中で重視されています。当院では、様々な専門職(医師・看護師・臨床心理士・作業療法士・精神保健福祉士)が患者さんに関わりますので、安心して治療に取り組むことができます。

精神療法

医師の風景

診察の中で、医師に、ご自分の症状や抱えている悩みを伝えながら、問題を整理し気持ちを安定させていきましょう。
特に、うつ病の方は、うつになりやすい考え方のクセ(例えば、完璧主義、他人にまかせることができない)を持っていらっしゃいます。そういった考え方のクセを、やわらげていくことが大事です。

 

心理検査・心理療法

箱庭療法の写真

主治医からのオーダーを受け、臨床心理士が、患者さんの心理面を支援します。

  • 心理検査:病状の変化・ストレス要因・対人関係のあり方・作業能力などを調べ、総合的な治療にいかしていきます。
  • 心理療法:うつ病を引き起こした原因を探りながら、その対処法(たとえば性格や考え方や生活習慣のみなおし、ストレス耐性アップ)をはかっていきます。カウンセリング(対話)、リラクゼーション、箱庭療法、動作法など、様々な心理療法を受けることができます。
 

担当看護師

看護師の写真

ご入院になると、患者さん担当の看護師が決まります。入院中に生じる様々な悩み、日々の生活目標など、親身にアドバイスし、生活を支援します。